カテゴリ:note 日々のメモ( 35 )
りんごの木の村
チェコ好きな友人に誘われて、
神戸北野のtriton cafeでの
『ガラスボタンと東欧雑貨の展覧会』
とそのオープニングパーティーに出かけてきました。

チェコの山岳地帯に”ヤブロネツ=りんごの木”
という名前の村があるのだそう。

そこで出合った人たちや風景、暮らしを
東 泰秀氏の写真とトウヤマタケオ氏の映像や音楽で表現。

村の各家庭の庭にはりんごの木があって、
りんごの実がなると瓶詰めにして保存食にするのだと。
村には、ピクルス漬け名人やレース編み名人のおばあちゃん
木工職人など、いろんな名人がいる。
嬉しそうにピクルス作りを見せてくれるおばあちゃん。
農作物が育たない村の収穫祭、移動遊園地。
ささやかな楽しみ。
真っ赤なきのこ。雨上がりのきのこ狩り。
静かな暮らしの中に
大切なことがいっぱい詰まっている気がした。
d0086824_18491111.jpg

シュールな映像や音楽は私の中でのチェコなイメージとぴったりだった。
それとは真反対に、カラフルなガラスボタンや雑貨たち。
それでチェコっていったいどんな国なんだろう?
まだまだ不思議で気になる国。。


そのあと・・
[PR]
by miiiiwa | 2007-02-01 23:41 | note 日々のメモ
哀しい予感

お芝居を観に行った。

『哀しい予感』

よしもとばななの原作を、
塚本晋也監督の演出で舞台化。
出演は市川実日子、加瀬亮など。
どちらも好きな俳優さん。

吉本ばななの小説は、中学生の頃読みあさりました。
今となってはあまり興味がなくなってしまったけど、
その頃読んでた初期のころの作品たちは好きだし、
今でもたまに読み返すと、そっかそっかふんふんって
ハッとしたり、ジーときたり、読み終えるとなぜか落ち着く。

お芝居はとても良かった。
繊細な世界観。綺麗なシーンがいくつもあった。
役者さんたちのたたずまいに、
口から飛び散るツバに、表情とか涙に、
圧倒されてしまった。
実日子ちゃんの演技が素晴らしい。
演技についてはよくわからないけど、
演技じゃないみたいに自然だったから。

最後はみんな立ち上がって拍手した。
前に並んだ俳優さんたちの
不安そうな顔や、すっきりした顔や感極まった顔。
ばらばらなのが印象的でした。

帰り道は、魂を吸いとられたみたいに
とにかく疲れていて、ふわふわしていた。
久しぶりに全神経を集中させたような気がする。
また、いいお芝居が観たい。

[PR]
by miiiiwa | 2007-01-28 23:46 | note 日々のメモ
La Tour Eiffel

d0086824_13281629.jpg

わたくしエッフェル塔コレクターです。で、おたく。
エッフェル塔のことならなんでも聞いて。

3年前くらいからぽつぽつ集め続けてて
もらったものも多いです。
ふらりと入ったお店で偶然出会うと、本当に嬉しい!
ここでずっと私を待っていたのね。。。という気もちになります。
アンティーク物は非売品が多くって、あきらめる事もしばしば。
「奇人たちの晩餐会」(仏映画。面白いから観て)のピニョンに教わって
いつか自分でエッフェル塔の模型を作ってやろうと思う!

最近はずっとエッフェル塔の香水瓶とはさみを
探してるんだけど、なかなか出会えないな~
どっかで見かけたら一報ください*


メルシィ!!!
[PR]
by miiiiwa | 2006-12-16 13:34 | note 日々のメモ
東京さんぽ
週末、東京へ。
方向音痴のわたしと同じくらい方向音痴のお友達と一緒に
地図をぐるぐる回しながら、うろうろしてきました。

その中のひとつ。
西麻布のle bainにて
minä perhonen 11 years→ と ミナ・ペルホネンのクリスマス

minä perhonen のデザイナー皆川明さんが作り出す
独自のテキスタイルを使った洋服や小物たち、11年間のアーカイブ。
d0086824_23454843.jpg

目の前にずら~っと!
すてき!感激!!
d0086824_1241399.jpg
いろんな技法が使われていて、それぞれが全く違う表情。
立体的な刺繍や織り・・・ 近くでみると本当に面白い。
思わず触ってしまって、ギャラリーの人にすかさず怒られました ;
だってさわりたいんだもの。
d0086824_23461330.jpg

d0086824_23462264.jpg

並んでいる服たちを見ていたら、なんだか
どこか遠くの国の風景を眺めているような気持ちに。
しんっとおだやか。
皆川さんのデザインはとても素直な気がします。
そのときの心がそのまま色やかたちやイメージとして出てきてるような感じ。
でも、それってとっても難しいことのような気がする。
やっぱりすごいな~。

感心と感動と感激とで、ほくほくでした。

[PR]
by miiiiwa | 2006-12-03 23:45 | note 日々のメモ
ruokala lokki

d0086824_23284532.jpg

かもめ食堂観ました。

フィンランド、ヘルシンキの街かどにある食堂を舞台にしたお話。
食堂のメインメニューは「おにぎり」。
最初から最後までゆる~くて、
すっとして透明な空気が流れています。
あったかくって、くすっとできます。
小林聡美演じる食堂の店主、サチエさんが凛としていて素敵。
なんだか、まじめに生きようと思いました。
したくないことはしない。ぞ。

インテリアや登場人物の服装もかわいくって
marimekko,iittala,artek....
北欧好きなら観るだけで楽しめる映画。
かもめの絵を描いてる
画家の牧野伊三夫さんも気になりました。


あと、観ると確実にお腹が空く。
むしょ~におにぎりが食べたくなったので、
はりきって手に塩つけて炊きたてのごはんでこしらえましたが
思ったよりもおいしくなかった。やっぱり、
人に作ってもらうおにぎりが、一番おいしいから。みたいです。


[PR]
by miiiiwa | 2006-11-05 23:07 | note 日々のメモ